くまもと新町古町復興プロジェクト

熊本の城下町、新町古町。平成28年熊本地震で甚大な被害を受けました。有志で立ち上がり地震前以上の素敵な町を目指します。

未分類

20160829 近況報告

投稿日:

平成28年8月27日。
清永本店にてボランティア団体による屋根の応急処置が行われました。
屋根のシート掛けに特化した団体さんらしく、僕達ではできない高所作業を行っていただきました。
少しづつですが、復興に向けて動き出しています。

FP1

FP1

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

おせっかいし隊活動報告5月3日(火)

2016年5月3日(火)「おせっかいし隊」 本日雨、笹栗から二度目ボス(原賀さん)・まさくん土嚢袋、軍手他いただきました。最初鈴木邸の部屋の中のがれきの撤去、笹栗のお二人と下田さん・西田さん(建築系) …

20160517 近況報告

本日朝復興プロジェクト事務局長カメちゃん(吉野君)源zo-neの「おせっかいし隊」で、ドアの修理、今日も甘えん坊げんぞーです。このあと昼前後マスコミ対応です。近くの鈴木邸(魚屋町のもと中村小児科)・森 …

20160528 おせっかいし隊活動報告

2016年5月28日(土)9時~「おせっかいし隊」清永邸がれき撤去。 女性隊員 村上隊員、藤本隊員、事務局長吉野隊員三名 二つの蔵の前のがれきすべて終了いたしました。 お疲れさまでした。 女性隊員清永 …

no image

ご支援お礼

昨日(6月21日)より、多くの皆様より頂きました支援金・Amazon欲しい物リストからシルバーシート配布を開始しました。 一昨日の豪雨により、地震直後から屋根にかけられていたブルーシートや土嚢袋に痛み …

20160628 板壁工法実習

6月28日(火) 時折激しく降る雨の中、地震の被害で倒壊した小沢町の通称小沢屋敷の残った蔵で、筑波大学名誉教授の安藤邦廣先生のご指導のもと日本の伝統構法である板壁を使った改修が行われています。